あの日本ワインにはこのレシピ! | 色々レシピ | ワイナリー | お知らせ | 問合せ | Profile

さっぱりシャキシャキの惚レタスと水菜、鳥モモの生春巻きを濃厚甘酢てりやきソースで

水菜とレタスと鳥モモの生春巻き

桜が散り始めればそこに芽吹く新緑は初夏の到来を告げる最初の標。
身体は味濃い葉物に別れを告げ、シャキシャキさっぱりの緑を求め始めます。

鶏を茹でて細く裂き、さっぱりの野菜と一緒に生春巻きにして、特製の甘酢テリヤキソースで頂きます。
特筆すべきはこの甘酢テリヤキソース。 今回始めてきっちりレシピに落とし込んだのですが…なんで今までの人生で突っ込んでレシピにしてなかったのか後悔してます。

煮詰めている最中の香りと、味見だけで、ビールが何杯でも飲めそう!
重度のキッチンドランカーにランクアップ出来るわコレ!

甘酢照り焼きネギソース。
家庭に普通にあるもので出来る最強の調味料&ソースと言ってもいいかも。ひとまず暫定王者。
マヨラーにとってのマヨネーズレベルの中毒性&そのまま舐めるだけで酒が呑めます。

小鍋でにんにく等の香味野菜を炒め、醤油、砂糖、酒と酢を入れ、軽く煮詰めて出来上がり。

醤油と砂糖の甘く焦げた香り。香味野菜のアクセント。それは日本人なら誰もが"感じる "テリヤキソース。 その上、酢を濃いめにし、煮詰めると、酢が甘くなり複雑さをもたらします。郷愁を帯びながらも、非常に格調高く、そして中毒性のある味!!
米もパスタも魚も肉も。このソースを添えれば、なんでも抜群に美味しくなります。

さっぱりの生春巻きをそんな力強いソースで頂く今夜の一皿。
使った野菜は、モニターで頂いた、茨木の「惚レタスと水菜」です。
さっぱりとした味のシャキシャキ野菜は、濃い味のソースをちょっと付けて食べるのがおいしいですね。

ちなみに、余ったソースはご飯と混ぜておむすびに。花見に持って行ったら大好評!

レシピ
水菜とレタスと鳥モモの生春巻き濃厚甘酢てりやきソース(2人分)
春巻きの皮
6枚
水菜
1株
レタス
5枚
鳥モモ
1枚
長ネギ
1本
にんにく 2片
生姜 親指の先くらい
胡麻油
大さじ2
★醤油 大3
★砂糖 大3
★酒 大2
★みりん 大1
★米酢
大2
(準備)
・包むときに水菜が見えるような大きさに切る。
・レタスをちぎる。長ネギを4mm幅半月切り、にんにく、生姜を粗ミジンに。
・鳥モモに塩を振り30分置く。
(作り方)
【1】鍋に湯を沸騰させ、極弱火で鳥モモを10分茹でる。
【2】茹でている間にソースを作ります。小鍋に胡麻油を入れ、ネギ、にんにく、生姜を中火で炒めて香りを出す。香ばしい香りが上がってきて、ほんのりキツネ色に変わったら★を入れてかき混ぜながら沸騰させて少し煮詰める。
【3】茹で上がった鳥モモを冷まし、手で裂く。
【4】春巻き皮に、レタスを広げ、水菜、鳥モモをのせて包む。
【5】ソースを別皿で添えてどうぞ。

(ポイント)
※ソースはいっぱい作っておいて、日々の料理に使ってください。


【レシピブログの「惚レタス」と「みず菜」のアイデアレシピモニター参加中です】
レタスとみず菜の料理レシピ
レタスとみず菜の料理レシピ

JUGEMテーマ:ワインと料理の話
Check
おつまみブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック


line
line

新しい投稿

カテゴリー

過去の投稿

links

profile

mobile

qrcode

others

track feed

居酒屋
おうち居酒屋 ブログランキングへ
ブログランキング
あわせて読みたい